ブログ管理人のayaです。こんど初めてのハワイに行きます。

ayaaya

ブログに来てくださってありがとうございます。
はじめましての方、自己紹介はこちら


旅好きの知り合いの皆さんが口をそろえて、「ハワイ島がいいよ!」というので、
定年記念の旅行として行ってみることにしました。

ハワイ島の見どころを調べていたら・・・こんなツアーがありました!

マウナケア山頂サンライズ(またはサンセット)&星空観測ツアー!!

ハワイ島にある、マウナケア山は、なんと標高4,205m!ハワイ諸島の中で最高峰なんです。

aya(☆喜)

南国のハワイに、標高4,000メートルを超える山があるのにびっくり!
絶対星がきれいなはず!その山頂から夕日や朝日を見るなんて素敵すぎる!!

ところで、ハワイって、常夏の島ですよね。

用意するのは、半そで短パン、ビーチサンダル。それに水着があればいいか~と思っていました。
でも、マウナケアの山頂に行くとなると、いったい気温はどのくらいなんでしょう?

それではここから服装の注意点などを詳しくご紹介していきますね。



マウナケア山頂の気温は夏でも氷点下

ハワイの言葉で「マウナ」は「山」、「ケア」は「白い」で、つまり、白い山という意味です。



マウナケア山は、標高が4,205m。その名の通り、冬には山頂が雪におおわれて真っ白になることも。山頂の気温は夏でも0℃~氷点下になるのです。

ちなみに、ハワイ島の平地は何度ぐらいでしょう?
空港がある2か所の都市、島の東のコナ(標高2.13m)と、島の西側のヒロ(標高18m)の気温はこんな感じです。

平均最低気温 平均最高気温
コナ 21.3℃ 29.3℃
ヒロ 19.3℃ 27℃

aya(驚)

コナの標高は2.13m。となると、マウナケア山頂(4,205m)との標高差はなんと4,203mもあるということ?!

ここで理科の知識です。
気温は100mの高度を増すごとに0.6ずつ下がります。
(遠い昔理科で習ったような・・( ;∀;))
また、風速1mごとに体感温度が1度下がると言われています。
(ほお、そうなんだ・・( ..)φメモメモ)

ということは、出発地点のコナが21℃だったとすれば、マウナケア山頂は-4℃。
もしも風速が10mなら、体感温度は-14にもなるんです

aya(驚)

体感気温-14℃!!うわ、これは寒いぞ!真冬の北海道並み~!


ところで、なぜマウナケアで、星空観測のツアーが人気なのか気になりませんか。



マウナケアは世界で一番、星を見るのに適した場所

今更ですが、マウナケア山があるのは、ハワイの中で最も大きな、ビッグアイランドと呼ばれるハワイ島です。

マウナケアが星空観測に適しているのは、
1年間のうち300日以上晴れている」と言われるほど天気が安定しているから。マウナケア山頂には日本の「すばる展望台」をはじめ、世界各国、計11基の望遠鏡があるんですよ!ますます期待がふくらみますね~。

また、天体観測にとって、

  • 標高が高い
  • 空気がきれい
  • まわりが暗い
  • 車でてっぺんまで行ける
  • 大気の揺らぎが少なく星が瞬きにくい

こんなに好条件がそろっている場所なんです。


aya(☆喜)

赤道に近い場所だから、なんと、北半球の全部と南半球の90%の天体を観測できるのです。ワクワク♡


そんな素晴らしい星空ツアー、「寒すぎて、星や夕日どころじゃなかったよぉ~」なんてことにならないように、着るものなど準備していきましょう。ところで、何を用意したらいいのでしょう?

マウナケア山頂ツアーで貸し出しされている防寒着



マウナケアのサンライズやサンセットと星空観測ツアーを営業している会社はいくつかあります。
実績があり、日本語ガイドもある会社は「太公望」「マサシネーチャースクール」のふたつのようです。

それぞれのツアーのサイトに書かれた、服装の注意をチェックしてみると、

太公望ツアーズ

防寒着の貸し出し

貸し出してくれるのは、防寒コート、オーバーパンツ、手袋となっています。

着ていくもの、持っていくもの

服装に関する注意事項として、

  • フリースやパーカーなど上着を着用
  • マフラーやニットキャップ、厚手の靴下、保温効果の高いインナーなど用意しておくと良い
  • 使い捨て携帯カイロ
  • とありました。

    ayaaya

    使い捨てカイロは、山頂では空気が薄くて熱くならないんですって!
    初めて聞きました。ということで、カイロはビジターセンター出発より前に開けておきましょうね。


    マサシネーチャースクール

    防寒着の貸し出し

    こちらのホームページには、
    自慢の超暖かい防寒着、「もふもふズボン」と「ふもふもジャケット」のセットを貸し出すとあります。サイズは、アメリカンLサイズ!!

    腕組み

    ちびな私には、ぶかぶかになるかも~

    また、手袋と、希望すれば、帽子も借りられます。

    着ていくもの、持っていくもの

    服装の注意としては、長ズボン等の動きやすい服装と、履き慣れた歩きやすい靴となっていました。

    さん汗

    サンダルはダメなんだ~!


    その他、実際にマウナケアツアーに参加された方の口コミをチェックしてみました。

    口コミ投稿にあったおすすめ

    口コミ投稿で、あったらよかったと書かれていたのはこんなものでしたよ。

  • 除菌ウェットティッシュ(手を洗うところがない)
  • 薄手のウールなどの手袋(借りた手袋だけでは寒い)
  • マフラー・ネックウォーマー
  • セーター、ヒートテックは、重ね着できるもの(更衣室がないので)
  • 厚手の靴下
  • リュック

  • サンセットツアー昼から夜中までサンライズツアー深夜から朝までと、時間帯は全く違います。
    それぞれのツアーの服装の注意をまとめてみました。



    サンライズとサンセットのツアーの時間帯から見た服装

    サンセットツアーのスケジュール

    12:00~15:00
    ホテル迎え(カイルアコナから北上するのでホテルの場所で変わります)
    16:00~17:30
    標高2800mオニヅカビジターセンターで夕食 1時間半(高度に体を慣らし、防寒着貸し出しもここで)
    18:30~19:30
    マウナケア山頂でサンセット鑑賞1時間
    19:30~21:00
    オニヅカビジターセンター付近で星空観測 1時間半
    21:45~24:00
    ホテル帰着(西海岸沿い、北から順にホテルへ送ります)


    このスケジュールから見た、服装のポイントを考えてみました。

    サンセットツアー服装ポイント

    迎えがお昼、帰着が深夜なので、こんな服装を用意しましょう。

    • 出発:半そで、長ズボン、スニーカーまたはトレッキングシューズ、リュック
    • 移動中:フリース・パーカー、厚手の靴下、マフラー・ニットキャップ
    • ビジターセンター:貸し出しの防寒コート、オーバーズボン着用、カイロはここで開封します
    • 山頂:薄手の手袋を重ね着

    次にサンライズツアーの場合をみていきましょう。

    サンライズツアーのスケジュール

    迎えは真夜中です。

    0:25~3:00
    ホテル迎え(ホテルの場所により異なります。カイルアコナから北上します)
    3:00~4:30
    オニヅカビジターセンターで軽食(高度に体を慣らし。防寒着貸し出しはここで)1時間半
    4:30~5:30
    高度3000m付近で星空観測  1時間
    5:30~6:30
    マウナケア山頂でサンライズ鑑賞 1時間
    6:30~7:00
    オニヅカビジターセンターでトイレ休憩
    8:00~10:00
    ホテル帰着(ホテルの場所により異なる)


    深夜にスタートするサンライズツアーの服装ポイントはこんな風にしては?

    サンライズツアーの服装ポイント

    深夜の迎え、そして夜明けを待つ時間は相当冷えますから、しっかり準備を。

  • 出発:長袖、長ズボン、フリース、パーカースニーカーまたはトレッキングシューズ、リュック
  • 移動中:厚手の靴下、マフラー・ニットキャップ
  • ビジターセンター:貸し出しの防寒コート、オーバーズボン着用。カイロはここで開封
  • 山頂:薄手の手袋を重ね着


  • どうでしたか、最後にここまでの内容をまとめておきますね。

    まとめ

    ハワイ島、マウナケア山頂の気温はどのくらいか。星空ツアーに行くときの服装はどうすればいいのか調べてみました。

    • マウナケアは標高4,205mでハワイ諸島最高峰
    • 山頂の気温は0℃以下。(風を遮るものもないため体感温度は-10度以下に感じることも。)
    • サンセット、サンライズツアーはツアー会社で防寒用のコートや手袋を貸してもらえる

    ただし、「貸し出しの防寒具だけでは寒かった。」といういう口コミもあります。
    そこで、持って行きたいものはこんなものです。

    • 長袖のカーディガン
    • 長ズボン
    • ヒートテックなどのインナー(出かける前に着ておくこと)
    • マフラー
    • ニットの帽子
    • 厚手の靴下
    • カイロ
    • お手拭きなどに便利な除菌ウエットティッシュ



    イイネ!

    マウナケア山のツアーに行くなら、持ち物リストに加えておいてくださいね。


    マウナケアツアーについてはこんな記事もあります。よかったら読んでみてね。