初めてのハワイ旅行。ハワイアン航空の機内食は美味しいのかなぁ?

入国審査や、保安検査はどんなかしら?ドキドキする~(;’∀’)



実に11年ぶりの海外旅行で夫と2人でハワイに行ってきた、ブログ管理人のayaです。

利用したのはハワイアン航空

なんでハワイアン航空を選んだかというと、理由はこの3つ。

  1. 関空からの直行便がある
  2. オアフと離島間の乗り継ぎ便が、スムーズで割安
  3. 乗ったらすぐにハワイ気分が味わえる

搭乗した便は、

関空発20時45分、ホノルル行き直行便 HA450で、フライト時間は7時間45分
もちろんエコノミークラスです(笑)

このブログでは、

  • 関空でのチェックイン
  • 保安検査(セキュリティチェック)のようす
  • 出国手続き
  • 機内のようす
  • 座席
  • 機内食の時間や内容
  • ホノルルでの入国審査

など、実際に関空からハワイアン航空に乗ったきた私が、リアルにレポートします!!

バッチリ

これから、ハワイアン航空でハワイに行こうかなと考えているあなた、このブログには知ったら役立つ情報が満載なので、最後まで楽しんで読んでくださいね♪

まずは、関空に到着して、チェックインまでのようすをお話ししましょう。



関空でハワイアン航空のチェックインにかかる時間は?

自宅から高速バスで空港に着いたのは18時過ぎ

空港についたらチェックインの前に、予約していたWi-Fiを受け取りました。

今回利用したのは、グローバルWi-Fi。受け取り窓口が、ハワイアン航空チェックインカウンターAのすぐ横にあったので便利でした。

ハワイアン航空関空のチェックインカウンター

チェックインカウンターに着いたのは出発時刻の2時間半前

すでに30〜40人の行列!オフシーズンでこれ。

ピークの時期に行く場合は最低3時間以上前には、空港にいないといけないと思います。

隣のカウンターが空いてる・・・と思ったら、ファーストクラスビジネスクラス専用でした。そちらは待ち時間なくスムーズ!( ゚Д゚)


ところで。それほど高くなくて、グレードアップできる座席があるんです。「エクストラコンフォート」というクラス。

ハワイアン航空のエクストラコンフォートとは

ハワイアン航空には、ビジネスクラスとエコノミークラスの中間の、エクストラコンフォートという席があります。

事前申し込みか、当日(空いていれば)チェックインカウンターで申し込むと、プラス15,000円でグレードアップできます。

エクストラコンフォートのメリットは、

  • 優先搭乗ができる
  • 前の席との間がエコノミーより10㎝ほど広い
  • アメニティがちょっと良い
  • 専用電源コンセントがある

ただし、食事はエコノミークラスと変わらないそうです。

さん汗

15,000円?!・・・2人なら30,000円か~。私なら、グレードアップより、ハワイのレストランやショッピングに使うかなあ・・・

さていよいよ、チェックイン。搭乗券を受け取って、スーツケースを預けます。

ハワイアン航空チェックインの注意

チェックインカウンターで提出するのは、

  • パスポート
  • e―チケット
  • です。

    スーツケースもここで預けますが、預ける荷物には大きさや重さの制限がありますよ。


    預け荷物の制限は、

    • 長さ+幅+高さ:3辺の合計が62インチ(157cm)
    • 最大重量:50ポンド(23kg)

    スーツケースの重さは、出発前に確認しておきましょう。こちらの記事にも詳しく書いています。

    【必見!】ハワイ旅行1週間の持ち物は?必需品からお役立ちまで網羅


    aya(驚)

    スーツケースに「TSAロックをしといたほうがいいですか?」って聞いたら、
    「ホノルルから乗り継ぎがある場合、係員がこじ開けて壊れることがあるので、開けてておいて下さい」と言われ、結局ロックせずに預けました。


    チェックインにかかったのは1時間弱。すでに19時をまわっていました。

    その後、両替を済ませ、保安検査と出国手続きに向かいました。



    関空で保安検査、持ち込み注意とながれ

    保安検査では、手荷物と人間のセキュリティチェックを受けます。

    機内に持ち込めないものは

    • はさみ
    • ナイフ
    • 先のとがったもの
    • マッチ
    • ライター
    • スポーツ用の酸素缶
    • 殺虫剤
    • リチウム金属電池
    • 液体バッテリー
    • 花火

    など。
    ペットボトルの飲料は、保安検査場に持ち込めないので、飲み切るか保安検査場を出てから買いましょう。

    関空で保安検査の流れはこんな感じ

    保安検査場では、ベルトコンベヤーみたいなのに持っているものを乗せてチェックします。

    1. 手荷物は全部トレイに乗せ
    2. パソコン・タブレット・スマホなどは全部バックやポケットからだします
    3. 上着も脱いでトレイに
    4. も脱ぎました(トレイに乗せず直接コンベアに乗せます)
    5. 搭乗券とパスポートを係員に渡します

    持ち物を検査してる間に、公衆電話みたいな?屋根付きの検査機の中に入り、

    1. 横向きに立って
    2. 足を足型に合わせかなり広めに開き
    3. 手を上げます

    異常がなければ終わりなんですが・・・

    さん汗

    モニターに、左腕、頭、腰のあたりに異常の警告が出て、検査員の人にあちこち触ってチェックされてしまいました。ドキドキした~

    その後、出国手続きのところでパスポートを提示し手続きは終了です。ホッ(*’▽’)


    そうこうしていたら、搭乗時間になりました。座席のゾーン順に案内されます。(ゾーン番号は搭乗券に記載されています)


    私たちは、5ゾーンだったので最後に搭乗。ようやくです。さあ、機内の様子はどんな風でしょう?

    ハワイアン航空の座席や機内はどんな感じ?

    席に着くと、私たちの席は27A,27B翼の真横でした・・

    景色が見えないねぇ・・・というと、夫が「翼の横が一番安全なんよ」というので何となく納得。

    ハワイアン航空の便は2-4-2の席並びです。2人で並び席なら、窓側と通路側になるので、トイレの時など気兼ねがありません。

    翼の横を避けたければ18~33を外して座席指定してね。
    ハワイアン航空座席表はこちら

    ハワイアン航空の座席
    ハワイアン航空の座席
    座席には毛布と枕が置かれていました。

    ハワイアン航空のテレビモニターテレビモニターはこんな感じで、前の人が座席を倒したら、画面の傾きを調節できました。

    席に着くと、アイマスクとイヤホンと耳栓が入ったアメニティが配られます。
    ↑これナッツの袋かと思いました(笑)


    約1時間後に、税関申告書が配られ(1家族1枚)記入します。


    さん汗

    税関申告書は英語で記入するんですけど、なんせ機内が薄暗い!しかもめちゃめちゃ字が小さい・・・老眼泣かせでした(涙)



    税関申告書を書き終わったら、機内食の時間になりました。

    ハワイアン航空の飲み物や機内食は?

    搭乗して約2時間後(日本時間の22時頃)に、まず飲み物が出されました。

    飲み物は、

    • コカ・コーラ
    • スプライト
    • グァバジュース
    • パイナップルジュース
    • オレンジジュース
    • アップルジュース
    • ミネラルウォーター
    • 冷たい緑茶
    • 温かい緑茶
    • コーヒー

    と、種類が豊富。(機内誌に飲み物の種類が書いてあります)

    また、アルコールの種類は、

    • 赤ワイン
    • 白ワイン
    • ビール(キリン、ハイネケン、マウイビール)
    • スコッチウイスキー

    がありました。

    aya(☆喜)

    お酒もお替り自由なんですよ♪オススメはハワイの地ビール「Maui」
    ちゃっかりマウイビール、2本も飲んじゃいました。

    それから機内食が配られました。

    ハワイアン航空機内食

    ピンクのアルミホイルをはがすと‥
    ハワイアン航空機内食ロコモコ

    メニューはロコモコ
    サイズはコンパクトだけど、ご飯がぎっしり詰まってました。
    そして、ポテトサラダとパイナップル型のクッキーと水。いきなりハワイアン気分でしょう♪


    バッチリ

    ハワイアン航空の機内食はまずいという口コミも見ましたが、私にはじゅうぶん美味しかったです。

    食べ終わったら、窓のシャッター(?)を閉めるよう放送がありました。すでに23時、ハワイ時間でもう朝の4時です。急いで寝るぞ~!

    すこしうとうとしたら、窓の隙間から朝焼けが見えてきました。

    ハワイアン航空朝焼け

    わ~いハワイが近いぞ~♪

    ハワイ時間で朝の8時には朝ごはんが配られ・・・
    関空発ハワイアン航空機内食

    小さな紙バッグに収まっていたのは・・・?

    • 4分の1にカットしたリンゴ
    • ヨーグルト
    • リンゴ風味のカップケーキ
    • それからなんと、

    • 大阪名物岩おこし生姜味

    朝食というより、子供のおやつという感じでかな?男性には全く物足りないでしょうね。


    関空から飛んで約7時間半、ようやくホノルルのダニエル・K・イノウエ空港に到着です。ここからは入国審査のようすをお話します。



    ホノルル到着から入国審査のようすや手順とは

    ホノルル、ダニエル・K・イノウエ空港に着いたのが朝の9時20分。

    まず、到着ゲートから入国審査へ向かいます。(結構な距離を歩きました。)

    空港の廊下を延々歩いて、階段を降りるとイミグレーション(入国審査)です。

    トイレは途中で済ましておいたほうがいいですよ。


    入国審査場に着くと、アメリカ人(citizen)は左、ビジター(visiter)「外人」は左へと書いてあるのでそれに従って進みましょう。

    そこにはすでに200人以上が並んでしました( ;∀;)・・・

    さん汗

    同じ飛行機に一緒に乗って来た乗客が、全員手続きするんだからなあ。
    飛行機をさっと降りて、少しでも早く並べば待ち時間が少なくて済むかも・・・
    オフシーズンの平日でこの待ち時間、10連休などピークにはどんなことになるんでしょう(*_*)


    ロープが張られたフロアをグルグル行ったり来たり(USJのアトラクション待ちみたいな感じ)。

    並んでいると、APCキオスク(自動入国審査端末)で手続きをするように指示されました。

    APC(キオスク端末)とは?

    『自動パスポートコントロール』(Automated Passport Control、通称APC)といい、待ち時間の短縮になると導入された機器です。


    操作に慣れない人が多いので、逆にめちゃめちゃ時間がかかってるんじゃないかと感じましたね。

    APCの操作方法は?

    日本人でAPCが使えるのは・・・ESTAを取得して2回目以降の入国の場合という情報があったのですが・・・

    腕組み

    なのに、初ESTAで初ハワイの私たち夫婦なのに、すんなり利用できました。どこにも初めてかどうか、チェックするところはなかったですねぇ。

    APCの操作手順は

    1. 言語を選ぶ
    2. 税関申告書と同じ内容の質問にはい・いいえのボタンで答える
    3. パスポートをスキャンする
    4. 渡航目的を入力
    5. 指紋を取る 片手ずつ親指とその他の4本の指
    6. 顔写真を撮る(メガネは外します)
    7. レシートを受け取る

    さん汗

    日本語対応だったので、スムーズに操作できました。家族は一緒に機会の前に行っていいのですが、友達同士だと一人ずつ行かされるのでテンパってる人もちらほら。

    審査官のところへパスポートとレシートを出すと、入国目的などをたずねられます。

    審査官:何しに来ましたか?

    :vacation.(休暇です)

    審査官:どこに泊まりますか

    :king Kamehameha’s Hotel.(キングカメハメハだよ♪)

    審査官:何日ですか?

    :9days.(9日間です。)

    あらっ?日本語と英語逆転じゃないですか(笑)

    終わったら荷物を受け取って、出口へ。税関申告はAPCを通じて完了したので、申告書は出口の人にポイっと渡したらおしまいです。


    乗り継ぎがある場合は、出てすぐ「乗り継ぎの荷物預かりカウンター」で忘れずに荷物を預けます。

    自宅を出て15時間。ようやくハワイの地に到着しました。ここまでを最後に振り返ってみましょう。

    最後に

    関空発のハワイアン航空でホノルルまでのようすを

    チェックインから保安検査、機内の様子、機内食、入国審査までレポートしました。

    日付変更線を超えるので、途中で何時間たったのか、自分でもわからなくなりました。
    時間の経過を日本時間とハワイ時間で表にしてみましたよ。

     日本時間ハワイ時間 
    自宅出発 4/11 13時4/10  18時高速バス3時間
    関空到着4/11 18時4/10  23時
    搭乗手続きチェックイン、両替、セキュリティ
    関空出発4/11    20時45分4/11  1時45分
    税関申告書4/11 22時ごろ
    機内食4/11 23時ごろ4/11 4時ごろ食べたら急いで寝る
    朝食4/11 5時ごろ
    ホノルル到着4/12 4時20分4/11 9時20分
    入国審査

    自宅を出てから到着までほぼ15時間(高速バス込み)の移動でした。

    体験して分かったことは、

    • 出発の3時間以上前に空港に行ったほうがいい
    • ホノルルへ向かう便では、しっかり寝ようといろいろな本に書いてあるが、寝るタイミングは4時間弱しかなかった
    • ハワイアン航空の朝ごはんは、子供のおやつくらいの量で少な目
    • ホノルル入国審査はAPCで。税関申告も同時に行う


    どうでしたか?ハワイに到着までが、イメージできたのではないですか?
    あなたのハワイ行がうんと楽しくなりますように。

    ayaaya

    最後まで読んでいただいてありがとうございました。

    いくつになっても、好奇心旺盛にいろんなことにチャレンジしてる私のプロフィールは こちらです。



    この記事が気に入ったら【いいね!】をお願いします(*'▽')↓↓↓