10月31日のハロウィンが終わり、11月になると、クリスマスツリーが登場したり、街路樹にキラキラのイルミネーションが光ったり。ショッピングモールのディスプレイがクリスマスの雰囲気になって、街は一気にクリスマスムードに変わりウキウキしますね。


私が小さい頃もクリスマスはおいしいケーキが食べられるし、欲しかったプレゼントをおねだりできるし、大好きなイベントでした。

ところで、クリスマスはもともとキリスト教のお祭りですが、実は日本人の中でキリスト教徒の占める割合は、総人口1億2670万人のうちの191万人。約1.5%(文化庁の宗教統計調査2017年度版)と、決して多くはありません。

それなのになぜこんなに日本で定着しているのでしょう?

そこでクリスマスが日本にいつ頃やってきて、どうして今のように楽しいイベントとして根づいたのか調べてみました。調べていくうちにクリスマスの過ごし方も変わって来たことがわかりました。


日本のクリスマスの歴史をざっくり紹介

クリスマスがキリスト教とともに日本に伝わってから、現在に至るまでクリスマスの祝い方を簡単に表にしてみました。

西暦和暦クリスマスの祝い方
1552年天文21年ザビエルが山口県で信者を集め12月24日に初めてのミサを行った。
1639年~1854年寛永6年~嘉永7年江戸幕府は鎖国政策を実施、キリスト教弾圧でクリスマスは広がらず
1870年~1890年明治半ば横浜や外国人居留地で少しずつクリスマスを祝った
1881年頃明治21年ごろ宗教色がない”ハイカラな西洋文化”として広まる
1900年明治33年「明治屋」が銀座に進出、このころからクリスマス商戦が始まる
1906年明治39年サンタクロースが登場
1910年明治43年「不二家」がデコレーションケーキを発売
1927年昭和2年大正天皇の崩御で12月25日が祝日になり、「騒いで楽しむ」クリスマスに
1948年昭和23年戦後、クリスマス商戦で11月上旬からツリーを飾り、クリスマスセール始ま数
1990年平成2年恋人たちのぜいたくで特別なイベントに

それでは、それぞれの歴史を詳しくご紹介していきますね。

クリスマスの始まりは16世紀

16世紀半ば、1549年(天文18年)にイエズス会のザビエルによってキリスト教が日本に伝えられました。1552年に山口県山口市でザビエルが信者を集めて12月24日にミサを行ったのがクリスマスの始まりと言われています。

キリスト教弾圧や鎖国

その後、ポルトガルとの貿易(南蛮貿易)を通じてキリスト教も西日本を中心に広がっていきますが、南蛮貿易の利益を独り占めしようとした豊臣秀吉がバテレン追放令を出し、さらに秀吉を倒そうと徳川家康はキリスト教禁止令を出しました。

そして江戸幕府は鎖国に踏み切り、キリスト教徒を取り締まるための「踏み絵」を実施するなど、国内外の勢力争いのなかでキリスト教は弾圧されていました。

明治の初めまで200年以上隠れキリシタン以外にはクリスマスは全く受け入れられなかったのです。

明治になって、開国した後もキリスト教は禁止されていたので、一般の人がクリスマスを祝う習慣はありませんでした。ではなぜクリスマスが日本に広まったのでしょうか。



明治半ばからキリスト教と関係なくクリスマスが定着

明治の半ば頃、横浜や外国人居留地で少しずつクリスマスのお祝いがあったものの、外国人のめずらしいお祭りというイメージで新聞報道がされています。

1881年(明治21年)頃、クリスマスカードなどクリスマス用品が輸入されるようになると、一般の人々にも広まっていきます。
海を渡ってくる魅力的な西洋文化・・・そうです、クリスマスは宗教行事としてではなく“ハイカラな西洋文化”の一つとして受け止められていったのです。

クリスマス商戦で宗教色がないクリスマスに

1892年(明治25年)には、東京の菓子店壺屋が「クリスマスお菓子」と名付けたボンボン、フロンケーキなどの広告を載せたた記事に「クリスマス」という言葉がのせられました。

1900年(明治33年)に明治屋が銀座に進出しそのころからクリスマス商戦が始まったのを契機に、クリスマスを楽しもうというムードに変わりました。1902年(明治35年)頃にはすでに年中行事として定着して、キリスト教とは関係なくクリスマスを祝うようになったのです。

1906年(明治39年)にはサンタクロースも登場しました。朝日新聞の記事として残っています。
朝日新聞創刊130年記念事業、明治大正データベース

1910年(明治43年)に「不二家」がクリスマスのデコレーションケーキを発売しました。実際に不二家の公式サイトにもケーキの画像がありますね。
不二家の歴史

明治の半ばから終わりのこの時代日本が国をあげてヨーロッパやアメリカの国々に追いつこうと外国の行事だったクリスマスが浸透していったのです。

なんとなく今の「ハロウィン」を思い起こさせる気がしませんか?




大正から昭和のクリスマス

大正天皇が亡くなられたのは大正15年の12月25日、この時代、天皇が亡くなられた日は祭日になりました。昭和2年から12月25日が休日になったのです。
これがきっかけでクリスマスには大人もカフェやダンスホールで「騒いで楽しむ」ものになっていきます。


第二次世界大戦とその後の変化

1937年(昭和12年)に日中戦争が起こり、1939年(昭和14年)には第二次世界大戦が起こり、非常時となってクリスマス商戦もデパートのデコレーションも封印されていました。

戦後になって1948年(昭和23年)から、商業施設では11月上旬からクリスマスツリーが飾られ、クリスマスセールを開催するなど、クリスマス商戦が盛んになりました。大人たちが風俗店やダンスホールで盛り上がり、酔っぱらった集団が大騒ぎするような祝い方がまた始まったのです。

狂乱ともいえる騒ぎだったクリスマス、1964年(昭和39年)に東京オリンピックが開催されたことで国民の興味の行き先が変化し、しばらくは「子供たちの楽しい日」として落ち着いていきました。

バブルの時期には恋人たちのな特別な日に

1990年(平成2年)ごろからクリスマスは若い恋人たちのぜいたくで特別なイベントに変わってきました。一泊5万円から10万円近くするホテル、豪華なレストランでのフルコース」そんなバブルなクリスマスの祝い方がブームになったのです。

人気のホテルの予約が取れないなか、「そのころにはきっと恋人ができるはず」と、1年も前から予約をして、結局クリスマスデートが実現せずにキャンセルする例は少なくなかったとか・・・少し悲しいストーリーですね。


さて、日本でいつからクリスマスが祝われるようになったのかを見てきましたが、キリスト教の行事であるクリスマスの起源はどんなものなのでしょう?

本来のクリスマスの起源は

クリスマスという言葉は「クリスト(キリスト)・マス」という英語でカトリックのミサ(儀礼)という意味です。一般的には「イエス様の誕生日」と思われていますが、実はキリストの誕生日を確定する歴史的な手がかりはどこにもありません。

ではなぜ12月25日がクリスマスの日になったのでしょう。

ローマ帝国の時代「ミトラス教」という新興宗教がはやっていて最大の「光の祭り」を行う日が「冬至」つまり、これから光のさす時間が増えていくときだったのです。また、伝統的に冬至の時期に太陽や実りを祝うお祭りが行われていました。これらの祭りが融合し、いつか、「精神的な光」としてイエスを祭るクリスマスに変わっていきました。

クリスマスの起源やサンタクロースとクリスマスの関係はこの記事に詳しく書いています。


まとめ

初めて行われたクリスマスは1552年に、山口県山口市でザビエルが信者を集めて12月24日にミサを行ったものでした。
江戸時代から明治の初めまで200年以上、キリスト教禁止政策により、クリスマスは祝われることはなかったのです。

明治の半ば頃、横浜や外国人居留地で外国人のめずらしいお祭りだったのが、クリスマス用品が輸入されるようになって、クリスマスは宗教行事としてではなく“ハイカラな西洋文化”の一つとして受け止められていきました。

昭和2年から12月25日が休日になったのをきっかけに大人も「騒いで楽しむ」ものに。
第二次世界大戦で一度は息をひそめたクリスマスも戦後再び盛り上がるイベントとなり、バブルの時代は若い恋人たちのものに。
時代の移り変わりとともに「クリスマス」の祝い方が変化していったのですね。


そして近年は、家族でおうちパーティ。あるいはひとりで特に何もなくのんびり過ごす人も多く、個別化している印象です。

16世紀にキリスト教とともに伝わり、時代とともに変わってきたクリスマス。
日本の歴史と文化の中で変化しながらも年中行事の一つとして根づいてきたのですね。

さて、今年のクリスマス。どんなふうに過ごしましょうか。

この記事が気に入ったら【いいね!】をお願いします(*'▽')