こんにちは。働く主婦歴30年以上。お料理を手早く作るのが得意なayaです。


平日に少しでも余裕が持てるように、日曜日の午後は、平日のお弁当などの総菜を作り置きするのが最近の私の習慣です。

さて、今日は野菜たっぷりの副菜4品と、財布にやさしい「鶏むね肉」と「あいびきミンチ」を使った主菜4品をご紹介します。

作り置きを始めたのは「つくおき」という本を買ってから。安い材料を手早く、段取りよく料理する手順が詳しく書かれています。

私が使っているのはこちらの2冊。とてもおすすめです。ちなみに、つくおき3~時短バージョン~もあります。





料理スタートの前に

17時10分、スタートです。
まずは冷蔵庫の中にある残り物の中から使えそうなもの、傷みかけているものを全部出し、作れそうなメニューを思い浮かべます。

■材料■
冷蔵庫の野菜室から、大量のピーマン、青じそ、大根、しめじ、人参、小葱、人参、干からびかけたチンゲン菜、きゅうり、カビかけの生姜、油揚げ2枚、スーパーの安売りで買った(笑)、あいびきミンチと鶏むね肉です。



ayaaya

写真にある、キャベツ、えのき、玉ねぎは出してみたけど、今回は使いませんでした。
作りながらアレンジするスピード料理なもので。紛らわしくてごめんなさい!


今回作ったおかず

  • 千切り野菜の昆布入り中華酢の物
  • ピーマンと揚げのさっと煮
  • ピーマンの肉詰め
  • 和風ハンバーグ
  • きゅうりのゆかり和え
  • 大根と人参と揚げの煮物
  • 鶏むね肉としめじの柚子胡椒炒め
  • 鶏むね肉の青じそはさみ焼き

  • 以上の8品です。今日の所要時間は、1時間と20分でした。


    野菜を切るときは一度に

    材料からだいたいの献立を決めます。献立に合わせ野菜の切り方をイメージしたら、一気に野菜切り職人モードに突入します(^_-)-☆

    きゅうり2本は、1本を千切りに。残りの1本は輪切りにして、塩を振っておきます。

    大根3分の1本を半分は千切り、半分はイチョウ切りにします。

    人参1本も半分は千切り、半分はイチョウ切りにします。

    ピーマンは半分に切って、種を取り、6個(3つぶん)はそのまま、残りは一口大に切っておきましょう。

    油揚げ2枚は一口大に切って、水で洗い、手でギュッと絞っておきます。(簡易の油抜きです)





    ジップロックでお手軽調理

  • 千切り野菜の昆布入り中華酢の物を作ります。
  • 調味料はこちら

    ジップロックに千切りのきゅうり、人参、大根を全部入れ、調味料を入れます。

    ayaaya

    塩昆布は塩味と、うまみ調味料になって便利。すし酢とごま油、醤油を混ぜると簡単に中華風の味付になります。

    すし酢はかなり甘いので入れすぎに注意しましょう。


  • きゅうりのゆかり和えを作ります。
  • 調味料はこちら。ゆかりはふりかけ以外にいろいろ役立ちますよ。

    輪切りにして塩を振ったきゅうりと、すし酢、ゆかりを適量いれ軽くもみます。

    これでジップロック調理、2品の完成です(^^)/

    煮物を作る

  • ピーマンと揚げのさっと煮を作ります

  • 鍋に一口大に切ったピーマンと油揚げ半量を入れ、水と白だしを入れ、落し蓋をします。




    ayaaya

    白だしは塩分が濃いので、大さじ1程度。水はカップ半分くらいです。
    落し蓋をすること、強めの火加減で3分ほどさっと煮るのがコツです。
    タイマーを忘れずに。並行して調理してると焦がしますから(笑)

  • 2つ目の煮物、大根、人参、油揚げの煮物を作ります。
  • イチョウ切りにした大根と人参、残りの油揚げ、ネギのざく切りを、全部鍋に入れ、水を入れて5分ほどゆでます。
    めんつゆ大さじ2、カツオ削りパック(小)半量を入れ、落し蓋をして5分ほど煮ます。

    ayaaya

    最初にゆでておくと、大根に味が染みやすくなるんです。めんつゆとカツオ削りパックからいいお出汁が出て、おふくろの味風になります。

    ひき肉と鶏むね肉で4品

    さてさてメインの肉料理4種に取り掛かりましょう。

  • 鶏むね肉の下ごしらえをします。
  • 鶏むね肉には砂糖を小さじ1ほど、全体にまぶしておきます。

    つき(どうぞ)

    砂糖をまぶして5分ほど置き、その後、塩小さじ半分をさらにまぶします。これでぱさぱさせず、柔らかな食感になります。
    つくおきの本で知った裏技です。


  • ひき肉料理を2品作ります。
  • ピーマンの肉詰め和風ハンバーグを作ります。
  • ひき肉でハンバーグの種を作ります。
    ボールに、パン粉、牛乳各カップ半分、卵、塩、コショウを入れ混ぜます。

    ひき肉を全量入れて、しゃもじでしっかり混ぜましょう。

    ネギと生姜をみじん切りにし、ボールに入れます。

    半量を二つに切ったピーマンにしゃもじを使って詰めていきましょう。
    残りのハンバーグの種とみじん切りにしたネギと生姜を混ぜます。二つに分けてハンバーグ型に丸めます。

    ピーマンの肉詰めはフライパンを熱し、肉のほうを下にして焼き、焼けたら裏向きにして、ふたをして蒸し焼きに。もう一度裏返し、ケチャップとお好み焼きソースを入れ、絡めましょう。

    ごめんなさい。ピーマンの肉詰めを焼いてる写真を撮り忘れました(/ω\)


    和風ハンバーグは、フライパンを熱し、片面が焼けたら裏返し、しめじとチンゲン菜を入れ、ふたをして蒸し焼き。最後に醤油とみりんを絡めます。


    次は鶏むね肉を使った2品です。

  • 鶏むね肉としめじの柚子胡椒炒め鶏むね肉の青じそはさみ焼きを作ります。
  • 胸肉1枚を半分に切り、半分は一口大のそぎ切りにして柚子胡椒をまぶします。
    小さな子供さんには柚子胡椒は辛いので、軽く塩コショウで。

    残りの胸肉は2等分し、厚みに切り目を入れ青じそを挟み塩コショウします。

    柚子胡椒で味付けした肉は、オリーブオイル(なければサラダオイルでも)で両面焼き、しめじを入れて炒め、醤油をひとふりして絡めます。仕上げにちぎった青じそをかけましょう。

    aya(☆喜)

    柚子胡椒とオリーブオイル、醤油、青じそのハーモニーが絶妙。ビールにもワインにも会いますよ!

    青じそを挟んだ鶏肉もフライパンで焼き、塩コショウで味を調えます。

    さあ、これで8品完成です。ハンバーグは、今夜の夕食メニューになりました。

    今回の料理の手順とコツ

    今回の作り置きの料理手順は表のとおりです。時間はおおよそです。調理中に食器や鍋類を手際よく洗っておきましょうね。

    時間の目安下ごしらえ調理調味料コツ
    5分食材を並べる冷蔵庫の隅に残った食材を使い切ろう
    10分きゅうり、人参、大根、ピーマンを切る輪切りのきゅうりに塩を振っておく肉類の調理の前に野菜を全部切っておきましょう。まな板洗いが簡単で済みます
    5分油揚げは切ってから水で洗い、絞る水洗いで油を切ります。湯通しより簡単
    5分鶏むね肉に砂糖小さじ1をまぶす千切り野菜をジップロックで調理塩昆布適量、醤油・ごま油大さじ半分、すし酢大さじ1ジップロックに全部入れたら一度箸でよく混ぜます
    5分鶏むね肉に塩小さじ半分をまぶす輪切りきゅうりをジップロックで調理ゆかり小さじ1、すし酢大さじ1ジップロックを外から軽くもむ
    5分ボールにパン粉、牛乳、卵、塩、コショウを入れ混ぜ、ひき肉を混ぜるピーマンと油揚げを煮る白だし大さじ1、水カップ3分の1落し蓋をして強火で3分
    5分ネギ、しょうがを刻み、ボールに入れる大根、人参、油揚げ、ネギを水ゆでした後、味付けして煮るめんつゆ大さじ2、カツオ削りパック2分の1落としぶたをしてタイマーをかける
    5分ハンバーグの種をピーマンに詰める、残りを二つに丸める
    5分鶏むね肉半量を一口大、残りを半分に切り、切り目を入れる
    5分一口大の胸肉に柚子胡椒をまぶし、片栗粉を振っておくピーマンの肉詰め両面焼き、ケチャップとソースで味をつけるケチャップ・ソース各大さじ1最後にフライパンの中で絡める
    10分切り目を入れた鶏肉に青じそを挟み、小麦粉をまぶすハンバーグ、しめじ、チンゲン菜を蒸し焼きにする醤油、みりん少々
    10分一口大の胸肉を焼き、しめじを入れ一緒に焼く。ちぎった青じそを最後に散らす
    5分しそを挟んだ鶏肉をフライパンで焼く仕上げに塩コショウ

    まとめ

    作り置きって、とりかかろうとするまでが面倒かもしれません。でも慣れてくるとゲーム感覚で組み合わせや使いまわしが楽しくなります。
    何より、冷蔵庫や食料ストックの使い切りができて、古くなった食材を捨てることがなくなりました。

    今日のポイントは?

    • ジップロックを使って、簡単調理で洗いものいらず
    • 白だし、すし酢、めんつゆ、塩昆布、ゆかりを使って時間短縮
    • 鶏むね肉は砂糖、塩の順でまぶしておけば柔らかくなる
    • ハンバーグだねは玉ねぎなし、使いまわして2品に
    • 青じそや柚子胡椒で味の変化を

    でした。市販の調味料は便利ですね。

    こちらの記事もぜひ読んでみてください。
    副菜は日曜に作り置き!


    つき(どうぞ)

    皆さんも、週末の作り置きに挑戦してみてくださいね。

    この記事が気に入ったら【いいね!】をお願いします(*'▽')