シヴァナンダヨガ太陽礼拝

シヴァナンダヨガって知っていますか?

インドのシヴァナンダアシュラムの先生のWS体験をレポートします



アシュタンガヨガ、アヌサラヨガ、ハタヨガ、そして、シヴァナンダヨガなど様々なヨガを経験して勉強中の、ブログ管理人のayaです。


6月の終わり、インドのシヴァナンダヨガアシュラムから、2人の先生が来日されました。

「シヴァナンダジャパンツアー」と称して、通訳の紀子さんとともに、シヴァナンダヨガを指導しながら日本各地を巡られるのです。
インドのシヴァナンダアシュラムで行われる学びを、日本で体験できるワークショップなのです。


イイネ!

岡山でのWS(ワークショップ)の参加は今年で3回目。通訳の紀子さんともすっかり顔見知りになって、毎年お会いするのが恒例になってきました。

ここでは、

  • シヴァナンダアシュラムの先生のワークショップに参加するわけ
  • シヴァナンダヨガとはどんなヨガなのかを、マントラや呼吸法、アーサナってどんな感じ?

について、シヴァナンダヨガワークショップに参加した感想と共にまとめてみました。
アロマヨガとか、ホットヨガとかヨガの種類もバラエティー豊かですが、伝統的なシヴァナンダヨガについて少しでもわかれば嬉しいです。


はじめに、なぜ私が、シヴァナンダヨガを練習し始めて、インドの先生のワークショップに参加している訳をお話しします。



シヴァナンダヨガワークショップに参加するようになったわけ

サンディップ先生と通訳の紀子さん
地元岡山でシヴァナンダジャパンツアーが開催されるのは、私が通っているヨガスタジオの直也先生のおかげです。

直也先生が、南インドにあるシヴァナンダヨガのアシュラムで学び、指導者の資格を取られたのが8年前



ayaaya

先生はシヴァナンダヨガの指導者であり、私のローフードの先生でもあるのです。努力家で勉強熱心な先生の姿に頭が下がります。

先日は「アーユルヴェーダ」の企画もして下さって、私も参加しました。
この感想はこちらです。アーユルヴェーダとは何か?インドで学んだ先生のお話がすごかった!


インドのヨガアシュラムの主任指導者のサンディップ先生が岡山に来て下さるのもそのご縁があるからです。

先生方と一緒にジャパンツアーに回られている紀子さんが、また素敵なんです。

通訳の紀子さんのこと

サンディップ先生のガイドはもちろん英語。日本人の紀子さんが通訳してくれます。

紀子さんは、ご本人もアシュラムで学び、静岡でヨガの指導をされています。そしてアシュラムで学ぶ日本人のために同時通訳を長くされています。

イイネ!

彼女の通訳は、ヨガ愛があふれていて、ただ先生の言葉を日本語に訳すだけではありません。紀子さんの珠玉の言葉に、心と身体が気持ちよくつながり、ヨガのアーサナにスーッと入っていけます。
ご本人曰く、先生の5倍しゃべる(笑)とか。

紀子さんの通訳を聞きたくて、毎年このイベントに通っている気がします。

私が説明するのはおこがましいですが、今まで学んできた範囲で、シヴァナンダヨガについてご紹介しましょう。

シヴァナンダヨガとは?

シヴァナンダヨガはインドの伝統的なヨガ。

西洋医学の医師だったスワミ シヴァーナンダ師(1887-1963)が作り上げ、弟子のスワミ・ヴィシュヌ デヴァーナンダ師(1927-1993)がアメリカにわたりヨガを伝えました。ヨーガ講師養成コース(通称TTC)を始めた方でもあり、今では全世界に多くの指導者や実践者がいます。

シヴァナンダヨガの特徴は、

  • 初めと終わりにマントラを唱える
  • プラーナヤーマ(呼吸法)を行う
  • チャクラを刺激する決まったアーサナを行う
  • アーサナの間に必ずシャバアーサナでリラクゼーションを行う

こと。
それぞれについて、もう少し詳しくみていきましょう。


初めと終わりに行う、「マントラ」とはどんなものでしょう?

シヴァナンダヨガの2つのマントラ

シヴァナンダヨガでは、最初と最後にマントラを唱えます。マントラはサンスクリット語です。


シヴァナンダヨガの最初のマントラはDhyana Slokas(ガジャナナム)。
このマントラには、たくさんの神様の名前が出てくるんです。

ガジャナナムマントラ全文はこちら(シヴァナンダヨガ東京センターのブログより)



aya(☆喜)

ガネーシャ、サラスワティ、ブランマー、ビシュヌ、シヴァ、ナーラーヤニー・・・これらはみな神様の名前です。モリモリに神様の名前を唱えるんですね(笑)

普段は私欲や不浄にまみれている自分を、神様の名前のマントラを唱えることで浄化します。


終わりのマントラはMaha Mrityunjaya Mantra(トラヤンバカム)
自分の健康や長寿や富以外にも、世界の平和を祈願し生命を与える力強い神聖なマントラです。

トラヤンバカム全文はこちら(シヴァナンダヨガ東京センターのブログより)


バッチリ

マントラは同じ場にいる人と声を合わせて、場を神聖なものにします。
皆の気持ちをひとつに合わせるという意味もあって、マントラの響きを聞き体の中に共鳴させると、とてもいいエネルギーが体の中を循環するのを感じます。


マントラの後は、2種類の呼吸法をします。



プラーナヤーマ

始めのマントラの後、2つのプラーナヤーマ(調気法)=呼吸法をします。カパラバティアヌローマビローマという名前の呼吸法です。


呼吸法の時は指を、「チンムドラー」にして膝の上に置きます。

チンムードラは、写真のように親指と人差し指の腹を押し付けるようにし、後の3本の指は伸ばしておくもの。

親指は大いなる宇宙(神)、人差し指は自我とか自分
「大いなる宇宙と自分を一つにつなげる」というような意味があるといいます。

ため息

決して親指と人差し指で作った輪を「ま~るく」してはいけませんよ。「お金くれ~!」みたいになっちゃいますから(笑)

カパラバーティ

ひとつめの呼吸法、カパラバティは、浄化の呼吸です。

「シュッ」と息を吐くときにお腹をへこませ、緩めた時に息が入ってくるように呼吸します。身体の中の息を全て入れ替え、頭の中がリフレッシュされ、冴えてきます。

カバラ頭蓋バティ輝き・知識を意味します。

バッチリ

実際にカパラバティをした後は目がスッキリして視力が良くなる気がします。ただしなれないと頭がくらくらすることがあるので、体調に合わせて実施することが必要ですよ。

今回のワークショップでは、1クール当たり50回ほどカパラバティを行い、止息(しそく=息を止めること)を40秒から1分する。を3回ほど繰り返しました。

アヌローマビローマ

2つ目の調気法のアヌローマビローマは片鼻交互呼吸という呼吸法。

右手を写真のようにビシュヌムードラという指の形を取ります。


親指で右鼻、薬指で左の鼻を交互に抑え、「息を吸う、止める、吐く」を交互に行ないます。

ayaaya

ヨガでは体の右側が、陽(太陽・男性)左側が陰(月・女性)とされ、交互に呼吸をすることでバランスを整える効果があるとされているんですよ。

マントラ、プラーナヤーマに続いて、いよいよアーサナ(ポーズ)を行っていきます。

シヴァナンダヨガのアーサナの特徴

ブジャンガアーサナ

2つの呼吸法が終わると、シャバアーサナでリラックスしてから、アーサナの練習に入っていきます。
初めは太陽礼拝。太陽礼拝は準備運動の位置づけで、シヴァナンダの12のアーサナ(ポーズ)に入るための準備なんです。


aya(☆喜)

ワークショップの時は、サンディップ先生の力強いリードの声が、会場に響き、
太陽礼拝を無心に繰り返すこと10セット20セット
身体が熱くなって、じっとり汗ばんで、ただただ動きに集中していきました。


シヴァナンダヨガのアーサナ流れ

12のアーサナはいつも決まっていて、12のアーサナの合間に必ず毎回シャバアーサナをします。
緊張と弛緩を繰り返すなかで、何度も行うシャバアーサナの感覚が深まっていくんですね。

12のアーサナは、頭のてっぺんから下へ順番に、全部で7つある「チャクラ」を刺激する流れになっています。
チャクラというのは体の中にあるエネルギーセンターだといわれています。

シヴァナンダの基本の12のポーズは以下の通りです。

  1. 頭立ちのポーズ (シールシャアーサナ)
  2. 肩立ちのポーズ (サルワンガアーサナ)
  3. 鋤(すき)のポーズ (ハラアーサナ)
  4. 魚のポーズ (マツヤアーサナ)
  5. 前屈 (パスタモッターナ)
  6. 後屈 (ブジャンガアーサナ)
  7. 後屈 バッタのポーズ (シャラバアーサナ)
  8. 後屈 (ダヌラアーサナ)
  9. ねじりのポーズ (マッツェンドラアーサナ)
  10. アームザランス (カカアーサナ)
  11. 前屈 (ウッターナアーサナ)
  12. 三角のポーズ (トリコーナーサナ)

各ポーズはアレンジが加わることもあります。



ayaaya

アレンジやアドバンスのポーズは指導する先生が、生徒さんのレベルに合わせて指示されるもの。
ポーズがどれだけうまくできるかが問題ではなくて、「自分の一番最高のところまでやろうとする」のが大事なんです!



全てのポーズを、体と対話して練習をしました。最後のシャバアーサナは、究極のリラックスの時間でした。



終わりに

シャバーアーサナ

私が、今まで練習してきたこと、ワークショップを受けて感じたことをもとに、

  • シヴァナンダヨガワークショップに参加するようになったわけ
  • シヴァナンダヨガとはどんなヨガ?
  • シヴァナンダヨガの2つのマントラ
  • プラーナヤーマ
  • シヴァナンダヨガのアーサナの特徴

についてお話してきました。不十分なところもあるかもしれませんが、シヴァナンダヨガについて少しお分かりいただけたでしょうか?


シヴァナンダアシュラムアーユルヴェーダの話に触れる度に、だんだんインドに興味がわいています。

サンディップ先生のいらっしゃる、アシュラムは南インド、トリバンドラム空港からタクシーで60分、南インドケララ州ニヤルダムにあります。
先生になるためのTTCやアーユルヴェーダを学ぶコースもあり、短期間宿泊して体験することもできるようです。

腕組み

今はまだ、インドって、「怖くて、暑くて、不衛生な場所??」な気がしています。(先入観バリバリでごめんなさい)
けれど、インドやタイのアシュラムでTTC(シヴァナンダヨガの指導者養成コース)を受けた友人をたくさん知っています。
みなさん、人生が変わったというか、本来のその人らしさを見つけてきたように見えるんです。

仕事をリタイアした来年、ひょっとしたら「インドに呼ばれるタイミング」が来るかもと感じています。


ayaaya

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いくつになっても、好奇心旺盛にいろんなことにチャレンジしてる私のプロフィールは こちらです。


この記事が気に入ったら【いいね!】をお願いします(*'▽')