If I were rich, I would get my airplane! (お金持ちだったら自家用飛行機を買うわ!)


想像するのは自由ですよね(笑)・・・ところで仮定法に、なんで過去形を使うの?



アラカンから英語学習やり直しを始めたブログ管理人のayaです。

英会話スクールも5年目になりました。まだまだ成長途中で~す(*’▽’)


さん汗

英語に慣れてきたと思ったら、文法が難しい!中でも仮定法は頭がこんがらがってしまいます。

アラカンだって、ちゃんと英語を身につけたい!でも・・あんまり難しく言われるとなかなか理解ができません(泣)

あなたは、そんなことないですか?



ここでは、つまずきやすい英文法の仮定法について、

  • 仮定法で過去形を使うのはなぜ?
  • 仮定法過去の文法
  • if以外の仮定法過去の表現

この内容で、できるだけ分かりやすくまとめてみました。な~んだ。そうだったのかってわかってもらえたらうれしいです♪


さん汗

ごぞんじですか?仮定法って英語で「コンディショナル」というんです。そして仮定法は、0から3まで4種類もあるんですよ~!

  1. zero conditioal(ゼロコンディショナル)仮定法現在
  2. first conditional(ファーストコンディショナル)直接法
  3. second conditional(セカンドコンディショナル)仮定法過去
  4. third conditional(サードコンディショナル)仮定法過去完了



ゼロコンディショナル、ファーストコンディショナルについては、こちらに書いています↓↓





さて、それではいよいよ本題のセカンドコンディショナル=仮定法過去のお話に入りましょう。

仮定法過去は、「現在の事実に反すること」を言う時に使います。なぜ事実に反することは過去形なんでしょう?




仮定法で過去形を使うのはなぜ?

仮定法が過去形になるのは、事実と違うことを「過去形」で表現してるからなんです。


それは、英語の過去形が持つ意味に秘密がありました。

英語の過去形には意味が3つある

日本語で過去形は、時間的に以前のことを言いますよね。

腕組み

「ああ、昨日、あんなことしなければよかった。」な~んて、過ぎたことは変えられないのよね。

なんていうおばちゃんのつぶやきは、置いといて・・・。

英語の場合、「過去形」は、日本語とは違ったイメージを持っています。

英語では「過去形」で、

  • 時間
  • 人間関係
  • 現実

これらが「遠くにある、離れている」というイメージで使われるんです。

つまり、

  1. 時間が離れている→過去のこと、過ぎたこと。
  2. これは日本語と同じですね。

  3. 人との関係が離れている→親しくないので、ていねいな言い方をする。
  4. 例えば、wii を would 、can をcould にするとていねいな言葉づかいになるように。

  5. 現実や事実から離れている→仮定法。
  6. (現実では違うけど)もしこうだったら・・・という表現になります。



3つ目が、仮定法に過去形が使われている理由なんですね。


ayaaya

ではこのあとは、仮定法過去の文法を例文をみながら理解していきましょう。

仮定法過去の文法

現在の事実に反することを表す仮定法過去の基本形は、

「If+主語+動詞の過去形, 主語+would(should / could / mightなど)+動詞の原形」です。



これだけ聞いてもよくわかんないですよね~。具体的に例文で見てみましょう。




仮定法過去の例文

実際の例文をみて、確認していきますね。

If I had more money, I would buy camcorder.
(お金があったら、ビデオカメラを買うよ。)



ここでは、have の過去形のhadを使って、「おが金ある」という現実から遠い→「お金がない」という表現になるんですね。




もうひとつ、例文を。

If I were rich, I’d travel several months.
(お金持ちになったら、何か月か旅行に行くわ。)

これも同じ。
I am rich. なら、私はお金持ちです。になるけど、if I were rich と過去形にして「お金持ちから遠い」→「お金がない」と、事実と違うことを明らかにしています。

この時、I was にならずに、I wereになるんですよ。(ちなみにI’dは、I would の略です。)



腕組み

Iなら、am(was)、youは are (were)、heならis(was)、theyなら、are(were)って、覚えてたのに違うの~??なんて思ったのは、私だけじゃないですよね?ね?


were の使い方について、ベストセラーの英文法のテキスト、English Grammar in Use をみると、

After if , you can use were instead of was.If I was is also possible.
(if の後に、were を使えます。was でも大丈夫です)

と書かれていました。


ayaaya

 were じゃなくて、wasを使ってもOK.でもwere は、仮定なんですと、わざわざわかるようにする言い方なんですね。
とりあえず仮定法過去ではbe 動詞は、were と覚えておきましょう。

仮定法過去の例文をもう少し。

What would you do if you were rich?
(お金持ちになったら、何がしたい?)



イイネ!

もし私がお金持ちだったら、何がしたいだろう?豪華客船で世界一周かな~♪
仮定法って、なんだか夢がふくらんじゃう。


There are many things I’d like to do if I had more time.(but I don’t have time)
(時間があったらやりたいことがいっぱいあるんだよね~。(でも時間がない)


バッチリ

そんなこと言ってたら、いつまでたっても時間なんてできないです。時間は作るもの。やりたい事やらんと~。

こんな使い方も。

We wouldn’t have any money if we didn’t work.(but we work)
(働かんかったら、お金がもらえない。(働いてるからお金がもらえる))



ため息

好きなことだけして暮らせたら最高なんだけど~

こんな例文もありました。

If you were in my position, what would you do?
(あなたがもし私の立場なら、どうするの怒!)



さん汗

お互いにこんなこといっちゃいそうになりますね~。できたら人の気持ちを思いやりたいです。

そうそう、If 以外にI wish を使う、仮定法過去の表現もあります。

if 以外の仮定法過去の表現

if 以外に「I wish +仮定法過去」でも表現します。


I wish で表現する仮定法過去は、事実と反することを、「もしだったらなぁ」「こうだったらよかったのに」と手が届かない望みとか、後悔するニュアンスがあります。


これも、例文をみていきましょう。

I wish I knew his phone number.(= I don’t know his phone number.)
(彼の電話番号を知ってたらなあ。(彼の電話番号を知らない))


Do you ever wish you could fly?(You can’t fly.)
(飛びたいって思ったことある?(飛べないけどね))



ayaaya

考えてみれば、日本語でも「知ってたら」とか、「飛びたいと思った」とか、過去形でいいますね。


最後にここまでを簡単にまとめておきましょう。




まとめ

仮定法で過去形が使われるのはなぜか?
それは、

  • 英語の過去形が、3つの「遠い」というイメージとして使われていることに関係していました。



3つというのは、

  • 現在から遠い 
  • 人間関係が遠い
  • 現実から遠い

でしたね。



仮定法過去の文法は、

  • 「If+主語+動詞の過去形, 主語+would(should / could / mightなど)+動詞の原形」

また、
Ifを使わない I wish+ 仮定法過去 という表現もありましたね。

どうでしたか?仮定法過去について、わかった~って思えましたか?

よく、もっと若かったら・・・な~んて、仮定法過去で嘆いているひとがいますけど、
そんなのナンセンス!これからの人生で今がいちばん若い日ですから。

バッチリ

アラカンの私でも、まだまだ頑張りますよ!

私が使ってる英語の本のおすすめについて書きました。↓↓

50代で英語やり直ししたお話はこちら↓↓



旅すること暮らすこと公式ラインはじめました♪

aya
aya
もしこのブログを読んで、良かったな~と思ったら気軽にコメントを書いてください。
英語やヨガ以外にもあなたががんばってることや、ワクワクすることがあれば教えて欲しいです。
  • ブログの更新情報♪
  • 時には、ブログでは書けないエピソード♪
  • 日々の暮らしの中でふと感じたメッセージ♡

などなど・・ちょっとしたお役立ち情報を随時お届けしますよ(^^)/


友だち追加
登録はこちらから↑↑↑ お気軽にどうぞ



ayaaya

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いくつになっても、好奇心旺盛にいろんなことにチャレンジしてる私のプロフィールは こちらです。


この記事が気に入ったら【いいね!】をお願いします(*'▽')↓↓↓