高知安芸自転車道とごめんなはり線

ロードバイクで100㎞走る!それが目標なんだけど、まだ達成してません・・

ローカルな電車で輪行(りんこう)&楽々サイクリング30㎞のレポ♪


ロードバイクに乗り始めて4年。いつか100㎞越えをと思いつつ、乗る機会が少なくてなかなか上達しない・・・アラカン自転車乗りの、ブログ管理人のayaです。

それでも、ロードバイクに乗る練習を増やして距離を伸ばそうと、最近は自転車に乗れる場所へ自転車を積んで旅をしています。


ある日の会話。

:しばらく旅行していないね。
夫さん:どこで自転車に乗る?
:そ、そうですね。自転車に乗りましょう・・・ただしなるべく平坦なところでお願いします。


さん汗

実は、先日の豆一(まめいち)(=自転車で小豆島一周すること)で、激しいアップダウンと暑さにすっかりやられ、自転車旅にはちょっと凝りていました。


相談の結果、4年前ロードバイクを買ったばかりのころに走った、高知の室戸方面の海岸線をサイクリングしようということに。



室戸岬周辺は、雄大な太平洋の眺めを楽しみながら走れる素敵な場所です。

4年経っても初心者レベルの私ですが、ロードバイクの練習を兼ねて、輪行&海沿いサイクリングしてきました。

  • 輪行に利用したごめんなはり線の紹介
  • 高知安芸自転車道の様子
  • ちょっとだけ長距離を走るコツをつかんだこと

の内容でレポートします。

ayaaya

気軽に旅行気分を楽しめる記事ですので、最後までおつきあいくださいね♪




ロードバイク初心者の練習で距離は何キロ?

前回の室戸周辺サイクリングは、ロードバイクに乗り始めたばかりのころ。

室戸岬に近い、吉良川(きらがわ)まちなみ駐車場に車を停めて室戸岬までサイクリングしたのです。


走行距離は18キロ弱・・本格的なロードバイクライダーに笑われそうな距離ですが、私にとっては大冒険でした。


ため息

ロードバイクに慣れなくて、おっかなびっくり。横を大きな車が通ると怖い怖い。
サドルに乗ったまま足をつけようとして転んでしまったり・・・。

それでも、車で走るのとは違い、周りの景色の距離感が近い感じがとっても新鮮でした。

aya(☆喜)

サイクリングロードの上を交差しながら、海岸線沿いを縫うように走る電車、駅前のほのぼのした雰囲気もgood。
この電車に一度乗ってみたいな~とあこがれていました。

それの電車が、今回紹介する、土佐くろしお鉄道のごめんなはり線

宿泊したホテルから撮った、海岸とごめんなはり線。のんびりおおらかな雰囲気を味わってみてください!
20秒足らずの動画です↓↓



小豆島で体力不足を痛感した私、今回の室戸は・・・

  • 無理なく楽々サイクリングツアーにしたい
  • ごめんなはり線に乗ってみたい


というということで、ごめんなはり線を利用した輪行(自転車をバッグに入れて電車で運ぶこと)になりました。
終点の奈半利から、高知自転車道を軽やかに(笑)駆け抜けてきましたよ~。


aya(☆喜)

結局、自転車で走った距離はわずか32㎞でした(笑)

輪行で乗ったごめんなはり線とは?

ごめんなはり線は土佐くろしお鉄道株式会社が運営する鉄道です。くわしくはこちら

高知県西部の中村線(窪川駅~中村駅間)、宿毛線(中村駅~宿毛駅間)が四万十くろしおライン。そして高知県東部のごめん・なはり線(後免駅~奈半利駅間)があります。


国鉄廃線の方針からなんとか、第3セクター鉄道として建設を継続することとし、2002(平成14)年7月1日に開業にこぎ着けた路線なんですよ。


 
今回私たちが乗車したのは ごめん・なはり線の、夜須(やず)~奈半利(なはり)の間。(地図のオレンジのラインです。)



ところで、ごめんなはり線にかわいいキャラクターがあるのをご存知ですか?

ごめんなはり線のキャラクター

ごめんなはり線は、高知市内の御免(ごめん)駅から、安芸郡奈半利町(あきぐんなはりちょう)の奈半利駅まで42キロ。

イイネ!

「ごめんなさい」みたいなこの路線の名前、ほんとにキュートでしょう?

そしてその沿線の20駅すべてにキャラクターがいることで有名です。

誰でも知っているアンパンマンの作者で、高知県出身のやなせたかしさんによって描かれたキャラクターたち。


↑↑こちらは、伊尾木駅のキャラ、いおきトラオ君


20駅の全キャラクターはこのサイトから見ることができます。→ゴトゴトWEB

そのごめんなはり線の旅の様子を写真多めでご紹介です。



今回の1泊2日室戸周辺の旅の行程

今回の旅は1泊2日。
初日は、お昼に到着してすぐ、しらす食堂の釜揚げちりめん丼を食べました。


室戸岬をドライブで1周して、高知県安芸郡のホテルに1泊。
2日目がいよいよ輪行とサイクリングです。

ごめんなはり線は味のある電車でした

今回は、

  • 海岸線を走る電車から、海をながめたい
  • 海を見ながらサイクリングしたいので、左側に海がある道を自転車で走る

という、私の希望にて、ごめんなはり線終点の奈半利まで輪行。
そこから自転車で戻ってくることにしました。


泊まったホテルで車が置ける場所がないか訪ねると、駐車場が広くて無料の、夜須駅(やずえき)を教えてもらいました。

夜須駅周辺に車を停め、輪行バックを担いで高架駅の階段を上がります。夜須駅は無人で、改札はありませんでした。


9時28分発の電車に乗ろうとして、焦ってホームにたどり着くと、土日運休の便。(;´д`)トホホ

結局40分ほどホームで待つことに。旅のハプニングもまた楽しです。



ようやくやってきた10:07分発の奈半利行きに乗車。

車両は1両です。後ろ乗りで整理券を取って乗ります。

後方に車いすを置くスペースがあったので、自転車が入った輪行バックを置かせてもらいました。

すると、若い女性の車掌さんが来て、「良かったら、固定用ロープを使ってくださいね」と。車いす用の固定ロープを使うことができ、ありがたや。

輪行バックは
夫さんはコンパクトに収納で着て持ち運びしやすいこちらのタイプ。

私は、分解や組み立てが楽なこちらのタイプです。

実はあわてて切符を買い間違えてて・・。車掌さんに伝えると、昔ながらの手書きの切符(ピリッと破くやつ!)に交換してもらえました。

なんだか温かい、人と人のつながりを感じる電車です。

嬉しくて最前から動画を撮影しました。30秒ほどですが、ごめんなはり線の旅を楽しんでください。

夜須から奈半利までの乗車時間は42分。いよいよ奈半利からサイクリングです。

奈半利駅で、自転車を組み立て、駅前のキャラクターさんとマイバイクの記念撮影。


↑↑こちらが奈半利駅、キャラクターは、なはりこちゃん。


奈半利から、 夜須駅までサイクリングしたのですが、ほんとに海の近くを通ります。


ayaaya

ごめんなはり線に沿って走る自転車道の動画です。10秒ほどの動画です。雰囲気を感じてみてください。

アップダウンが少なく、安芸球場前駅から夜須駅までは安芸・高知自転車道で。自転車専用なので楽々~。


ロードバイクで、32㎞の距離を写真撮りながら2時間のサイクリングでした。


突然ですが、ロードバイク初心者が体験する、バイクの悩みをご存知でしょうか?



ロードバイク初心者にとってロングライドの難関

ロードバイクは早いし軽いし、かっこいい。そう思って始めたのですが、いくつか難関があるんです。

ロードバイク初心者のよくある悩みとはこんなこと。

  • 長距離乗るのは体力がなくてしんどい
  • サドルが高くて乗り降りが怖い
  • 長く乗るとお尻が痛い
  • 路面の凸凹がこわい
  • 前傾の乗車姿勢に慣れない
  • ペダルを踏む力を入れすぎて足が疲れる

ということ。


ですが、今回はちょっとコツを学んだんです。

それは、

  • 無理やり前傾になろうとしない
  • ケイデンス=ペダルの回転数を一定に保つようギヤは軽め
  • ペダルを下へ踏もうとせず、回転させること

今回はこの3つをを意識したのがよかったのか、今までで一番楽でした。

走行距離やケイデンスを知るのに使っているのは、サイクルコンピューター。

走行タイム、最高時速、平均時速なども分かるんですよ。

腕組み

距離は短いし、アップダウンがほぼなかったからだろ。な~んて言わないで(笑)

次こそ、めざせ100㎞越えのロングライド!!

今回のロードバイク初心者の輪行&距離30㎞ライド、まとめておきますね。

まとめ

今回は高知県の東部、室戸岬の周辺をロードバイクで楽しんできたレポート。

  • 4年前は18㎞、今回は32㎞のロードバイク旅
  • 土佐くろしお鉄道のごめんなはり線に乗った様子
  • 高知安芸自転車道の雰囲気
  • ちょっとコツをつかんだこと



いつまでたってもロードバイク初心者ですが、ちょっとずつ距離を伸ばしたいと練習中のお話でした!!



イイネ!

それにしても、本格的なロードバイク乗りの方は、100㎞、200㎞を走るんです。すごいですよね。
アラカンライダーの私ですが、今回つかんだコツを活かしてまずは目指せ100㎞です。

100歳現役のためにも気力、体力をアップしなければ~!

公式ラインはじめました
ブログの更新情報、こちらでは書けないエピソードや、ちょっとしたお役立ち情報をお届けします。(^^)/
友だち追加
登録はこちらから↑↑↑ お気軽にどうぞ

ayaaya

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

いくつになっても、好奇心旺盛にいろんなことにチャレンジしてる私のプロフィールは こちらです。


この記事が気に入ったら【いいね!】をお願いします(*'▽')↓↓↓