ハワイビーチ

ハワイで思い切りエンジョイしたい!

だけど日焼けはしたくない~~!

ハワイへの旅行を計画している、アラカンブログ管理人のayaです。日焼けすると真っ赤になってシミそばかすが残るほうです( ノД`)シクシク…

イイネ!

この記事を書いた後、すでにハワイ、行ってきました!
アラカン夫婦のハワイ旅行の記事はこちら。もしお時間があれば読んでみてくださいね。

常夏の島ハワイ。ハワイといえば、青い海と青い空そして白いビーチを思い浮かべますよね。憧れのリゾートで何をして過ごしましょうか?


楽しみな反面、日本とは格段に強い日差しで日焼けが心配なあなた!私の悩みもそこなんです・・・

aya(驚)

私は色が白くて(自慢げですみません・・)肌がとても弱いんです。以前、竹富島の砂浜で朝2時間座ってただけで、脚が真っ赤になってしまい、大変でした。( ;∀;)
氷で冷やしてなんとか収まったものの、それ以来、直射日光に当たるのは恐怖

ハワイをうんと楽しみたい。でも日焼けは避けたい!

そこで、

  • 紫外線が肌に与えるダメージ
  • 日焼け止めの種類
  • シーン別の選び方
  • 日焼け止めの塗り方のコツ
  • 日焼けのアフタ―ケア

対策をわかりやすくまとめてみました。

日焼けが心配なあなた!ぜひ最後までご覧ください。
しっかり対策して美肌をキープしましょう。

では、まず紫外線が肌に与えるダメージについてちゃんと知っておきましょう。



ハワイで日焼け止め対策が必要な訳!紫外線が与えるダメージ

ハワイ日焼け止め対策

そもそも、紫外線って何でしょうか?

太陽からの日射は、波長により、赤外線、可視光線および紫外線に分けられます。可視光線よりも波長の短いものが紫外線です。紫外線(UV)の中でも、波長の長いほうからA・B・C と大別されています。フロン等によりオゾン層が破壊されると、地上において生物に有害な紫外線(UV-B)が増加し、生物への悪影響が増大することが懸念されます。(気象庁のサイトより)



目に見えない紫外線(UV)ですが、肌(皮膚)にとって有害で、日焼けをおこすだけでなくさまざまなダメージを与えます。

肌に届く紫外線は、UVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)の2種類

それぞれが肌に与えるダメージは、

  • UVAは、肌の奥にまで届き、肌の弾力を奪い、シミやシワン原因になります
  • UVBは、肌に炎症を起こしてシミやそばかす、肌色を黒くします。皮膚がんの原因にもなります
さん汗

しわ、シミ、そばかす、皮膚がん・・!紫外線の影響って怖い!
きちんと対策しないと、ハワイの思い出がひどいものになっちゃうよ~。

紫外線によるダメージを避けるための日焼け止め。どんな種類があるのかみていきますね。


日焼け止めの種類を知って正しい対策を

ハワイ日焼け止め対策

画像のように、日焼け止めに書いてある、SPF30とか、PA++、あなたもみたことがありますよね?

何となく「数字や+の多いほうが効きそうかな?」と思っていません?詳しく理解して使い分けている人は少ないのでは?
(私もその一人でした。 汗)

「SPF」や「PA++」って何?

日焼け止めでよく見かける、「SPF」や「PA」という表示。この意味をご存知ですか?

「SPF」と「PA」は、日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標です。それぞれ詳しく説明しますね。

SPFはUVB(紫外線B波)を防止する効果の目安

1〜50+までの数値は、UV-B波による炎症をどれぐらい長い時間防止できるかを表しています。数値が高くなるほど紫外線防止効果が高いということ。上限値は50で、それ以上はすべて50+と表示されます。

PAとはUV-A(紫外線A波)を防ぐ効果を表す目安

4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が+から++++まで。多いほどUV-Aに対する防御効果が高いことを表します。

イイネ!

それなら、めちゃめちゃ強力な日焼け止めをたっぷり塗っておけばいいんじゃない?

ちょっと待って!!
日焼け止めの成分そのものも肌に負担になるんですよ~。
そう、日焼け止めは強ければいいわけではありません。状況に合わせて使い分けしましょう。



ハワイで使う日焼け止めシーン別の選び方

ハワイ日焼け止め対策
基本的にSPFとPA(UVカット効果)の数値が高いものは肌への負担が大きくなります

シーン別に分けて日焼け止めを塗ることで、肌の負担を少しでも軽くしましょう。

のんびりが苦手な私は、ハワイへ行ってもいろいろなアクティビティを楽しみたい!ハワイで何するか考えてみると、

  • パラセイリング、ジェットスキーなどのマリンスポーツプール
  • ダイアモンドヘッドなどのトレッキング
  • ワイキキの早朝の散歩、ビーチやカピオラニ公園で朝ヨガ
  • ノースショアまでのドライブ
  • アラモアナセンターやロイヤルハワイアンセンターでショッピング

イイネ!

滞在中に全部やりたいなあ~!

楽しい予定満載ですが、それぞれのシーン別で使い分ける日焼け止めのおすすめをご紹介しましょう。

海やプールなどのマリンスポーツ

水に強いウォータープルーフタイプで「SPF50+、PA++++」の日焼け止めを使いましょう。休憩時にこまめに塗りなおすことも忘れずに。

トレッキングなどアウトドアでのレジャー

ハイキング、野外でのスポーツには「SPF50、PA+++~PA++++」。汗をかいたり、タオルでふいた後はこまめに塗りなおすように心がけましょう。

早朝の散歩や朝ヨガ

野外での数時間程度のスポーツでは、「SPF30~50、PA+++」の日焼け止めを使いましょう。もちろん、汗やタオルなどで取れたら、こまめに塗りなおしを忘れずに。

ドライブ

SPF10~20、PA+」の日焼け止めを使いましょう。

ショッピングなどのお出かけ

数時間ほどの外出時には、「SPF20~30、PA++」の日焼け止めを。

いろいろな日焼け止めがあるので、一度肌に合うか試してからがいいかもしれませんね。
いくつか商品サイトを貼っておきます。

★お一人様2個まで【資生堂】 【アネッサ パーフェクトUV スキンケアミルク】【日焼け止め ・ UV】【化粧品】【同梱不可】【代引き不可】
created by Rinker

サンガード50+ プロテクトUV (SPF50+・PA++++) 【ファンケル 公式】
created by Rinker

【店内P最大15倍以上&300pt開催】強力なUVカット効果にうるおいをプラス!さらさらな使用感で日常のUV対策に!【お買い得】【DHC直販】DHCサンカットQ10 EX ジェル【日焼け止め ウォータープルーフ SPF50+ pa++++】 suncut
created by Rinker

まずはきちんと日焼け止めの塗り方を知っておくことが日焼け対策の基本です。

ハワイで忘れずに日焼け止めの塗り方

塗り残しやムラ、はまだら焼けの原因に。私、足の甲に塗り忘れてサンダルのひもの型が翌年までついてたことがあります。顔や首、ボディごとに塗り方をマスターしましょう。

顔と首

ハワイ日焼け止め対策

  1. 日焼け止めを1円硬貨大
    を手のひらに取り、顔の5カ所 (両ほほ・額・鼻・あご)に置く
  2. すみずみまでていねいにのばしてなじませる
  3. 同量を取り、もう一度重ねづけ
  4. 首は、10円硬貨大を手に取り、数カ所にのせる
  5. 下から上に向かってなじませる
  6. 唇は紫外線防止機能が弱いので、SPF表示のあるリップを使う

ボディ

  1. 腕や脚は、日焼け止めの容器から線状にたっぷりと出して、ムラなくなじませる
  2. 肩から胸にかけては焼けやすいのでていねいに、重ねづけ
  3. 足の甲、手の甲も忘れずに

塗りムラができないよう、線状にたっぷりと全体に広げるようにして塗るのがコツです。


また、汗をかいたり、タオルで拭いた後や2~3時間おきに日焼け止めを塗り直すことも忘れないでくださいね。

ところでハワイで有害な成分を持つ日焼け止めを売ってはいけないという法案が成立したのを知ってますか?

ハワイで日焼け止め規制?

ハワイ日焼け止め対策

日焼け止めに含まれている成分には実は、肌にも環境にも悪い影響が含まれているんです。

ハワイで日焼け止め規制が成立

2018年7月3日、米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は、「サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めを禁止する法案」に署名して成立させました。2021年1月1日からこの法律が施行されます。

有害成分とは「オキシベンゾン」と「オクチノキサート」というもの。2021年1月1日以降は、ハワイでこれらを含む日焼け止めを売ってはいけないということになりました。

ひとつの研究結果を根拠にしたものにすぎない。とか、皮膚がんを引き起こす恐れがあるなど、反対の意見もあるようです。

オキシベンゾンは日本では近年では、ほとんど使われていない成分ですが、オクチノキサートは、日本では別名「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」といい、市販の日焼け止めの多くに使われています。

もちろん、日本から日焼け止めを持っていく規制されません。でも、頭の先から爪の先までたっぷりと日焼け止めを塗ったら、大量の成分が海や下水に流れてしまいます。

いつまでも美しいハワイであってほしいから、日焼け止めの使用量を減らしたいですね。そのためにも、他の紫外線対策をしましょう。

日焼け止め以外の対策は?

ハワイ日焼け止め対策

こんな工夫で紫外線を避けられます。

  • 正午から15時までの、日差しが強い時間を避けて出かける
  • 日中を避けて行動しましょう。早起きして午前中に海で遊んだり、朝ヨガにトライしてみては?

    aya(☆喜)

    私は、カピオラニ公園のすぐそばに宿泊予定なので公園の朝ヨガに参加するつもり♪

  • 帽子をかぶる
  • 髪の毛を守るためにも帽子は必須です。なるべくつばの広い帽子がいいですよ。ハワイに行ってからおしゃれなのをゲットするのもいいかも♪

  • サングラスをする
  • 目も日焼けをします。サングラスは忘れずに。

    ため息

    目が悪いから度つきサングラスを買わなくっちゃ!行く前から物入りじゃ~(岡山弁失礼しました)

  • 肌の露出を減らす
  • 紫外線を100%近くカットしてくれるラッシュガードが一枚あるといいですね。



    忘れてはいけないのが、日焼けあとのお手入れです。疲れたからといって顔を洗っただけで寝っちゃたら後が大変ですよ~!!




    ハワイで遊んだ後は忘れずに!日焼けあとのお手入れ

    ハワイ日焼け止め対策

    日焼け後の肌は、通常よりも熱をもった状態。肌にこもった熱は肌荒れ、シミ、しわなどあらゆるトラブルのもとになるので、きちんとお手入れしておきましょう。

    冷やす

    日焼け後の肌は、通常よりも熱をもった状態。肌の熱をしっかり鎮めること。いきなり化粧水を塗ったらヒリヒリしたりします。

  • シャワーなど流水で冷やす
  • 氷や保冷剤で冷やす
  • 冷蔵庫に入れたパックを使う
  • バッチリ

    たっぷり保湿成分入りのお買い得パックとか持っていくといいかもね。

    パック シートマスク 【プリュ プラセンタ モイスチュアマスク(35枚入)】 シートマスクパック フェイスパック フェイスマスク プレゼント ランキング 美容 化粧水 日本製[yami][YP][通]
    created by Rinker

    洗う

    洗顔はたっぷりの泡でさっと。泡を肌の上で転がすよう洗うと肌の刺激が少なくて済みます

    保湿

    肌の炎症がおさまったら、保湿効果のある化粧水などで保湿します。肌に負担をかけないよう、やさしく触れるようにおこないましょう。

    最後にここまでをまとめておきますね。

    まとめ

    日本の数倍の紫外線が量あるハワイ。しっかり対策を打っていかないと、後々お肌の状態を見て後悔することになるかも……。
    紫外線のダメージ、日焼け止めの選び方や塗り方。アフターケアまでお伝えしました。

    • 日焼けで紫外線が与えるダメージは、肌が黒くなる以外に、シミやしわそばかすなどあります。
    • 日焼け止めに書いてある、「SPF」と「PA」は、日焼け止めの紫外線防止効果を示す指標です。
    • 日焼け止めはシーン別にタイプや強さを選んで使いましょう。
    • 日焼け止めをキチンと、まんべんなく塗り、こまめに塗りなおしましょう。
    • 時間帯を選ぶ、帽子やサングラス、ラッシュガードなどで日焼け止め以外の対策もしておきましょう。
    • 日焼けあとのお手入れは、冷やす、洗う、保湿です。

    実は私、「自分へのご褒美」で時々エステに通っています。エステシャンの方から、ハワイに行ったら毎晩保湿パックを忘れないこと。帰国後には早めにエステで集中補修を勧められました。


    ハワイから帰って、お肌に悲しい思い出が残らないようにきちんと準備して美肌をキープしましょうね。

    ayaaya

    最後まで読んでいただいてありがとうございました。

    いくつになっても、好奇心旺盛にいろんなことにチャレンジしてる私のプロフィールは こちらです。

    この記事が気に入ったら【いいね!】をお願いします(*'▽')