毎年12月の上旬ごろから、ちらほら、喪中はがきが届きます。年齢敵に、同世代の友人からご両親のご不幸のお知らせをもらうことが増えてきました。

身近な人が亡くなったとき、年賀状は出さないのでその代わりにお知らせが来るとは何となく知っていたのですが、いざ自分が書く立場になって、喪中はがきについてきちんと知っておこうと思いました。

喪中はがきを出す場合、どんな決まりがあって誰に出すものなのでしょうか。そのほか気を付けたいマナーなど、知っておいたほうがいいことをまとめてみました。

基本的なマナーは以下の通りです。

喪中とは?
亡くなった方との続き柄で多少変わりますが、1周忌までとするのが一般的
喪中はがきの意味は?
自分が喪中のため年賀のあいさつをすることができませんというお詫びです
喪中を出すタイミングは?
通常、年賀状を投函し始める12月初旬までに出しましょう。
出す相手は?
故人が自分にとって2親等以内の場合に出すことが多い

その他、喪中はがきのマナーについてまとめたので参考にしてください。


喪中とは

喪中とは、親族(主に2親等以内:親、子供、祖父母、孫、兄弟・姉妹)が亡くなった場合に喪に服す期間で、故人をしのぶ期間です。亡くなった人との続き柄によってその期間が変わますが、一周忌までとするのが一般的ですね。

昔は、人が死ぬことは「けがれているもの」として考えられ、人が亡くなった家は、他人に迷惑をかけないよう、家にいて喪に服すように言われてきました。それが現在にも残っているのです。


祝い事全般や、遠方への旅行などを控えて生活することをいいます。
年賀状を出したり、お正月を祝ったり、神社に初詣でに行くのも控えたほうがいいとされています。

喪中はがきは訃報のお知らせ?

喪中はがきは訃報の知らせではなく、「喪中のため年賀状を出さないので、新年のあいさつができず申し訳ありません」というお詫び状なのです。

気をつけたいのは相手からの年賀状を止めるものではないということ。なので、喪中はがきを出した相手から年賀状が送られてもかまいません。

喪中はがきはいつ出せばいいの?

喪中はがきを出すのはいつ頃がいいのでしょう?

喪中はがきは年賀状の代わりに出すので、年賀状より早めに12月の上旬までには相手に届くようにします。どんなに遅くても12月半ばまでには届けましょう。

どの続き柄まで喪中はがきを出す必要があるのでしょう

喪中はがきを出すのは、自分の続き柄の誰が亡くなった場合というと、基本的には、「1年以内に2親等以内の親族」とされています。
故人との関係で2親等にあたる続柄とは、自分との続柄でいうと

1親等:父母(または義父母)、配偶者(夫・妻)、子ども
2親等:兄弟姉妹、祖父母、孫

となります。
だだ、これは決まりがあるわけではなく、2親等内でも「同居していないから」という理由で送らない方もいますし、2親等内以外でも故人とのつながりが深かったから送る方もいるようです。


喪中はがき(年賀欠礼)は誰に出すの?

基本的に普段年賀状のやり取りをしている方を対象に送ります。故人の葬儀で喪主を務めた場合には、故人が生前に年賀状のやり取りをしていた友人や知人、葬儀の参列者にも送ります。

ただし、すでに喪中であることを知っている親族や親戚などには送らなくてもいいでしょう。

また、仕事の関係で年賀状のやり取りをしている方に喪中はがきを出すと、気をつかわせることになるので送りません。仕事関係の方には、例年どおり年賀状を出すということも 考えていいでしょう。

もし先方が喪中の場合、お悔やみごとに関して「二重にならない」ように出さないほうがいいかと思うかもしれません。しかし、喪中はがきは年賀欠礼の挨拶状ですから、喪中の家庭同士が双方で喪中はがきを用意することは礼儀に適っており、全く問題ありません。




喪中に年賀状が届いた場合

喪中はがきを出していない方から年賀状が届くこともあります。その場合、新年が明けてから送るには喪中はがきとしてではなく、寒中見舞いを出すようにします。

寒中見舞いとは

もともと寒中見舞いは、暑中見舞いと同じような季節の挨拶状でしたが、最近では松の内(1月7日)までに出せなかった年賀状の返礼に使われることが増えました。喪中の人や年賀状を出しそびれたときに出すものです。内容は寒中見舞いの挨拶文や年賀状を頂いたお礼、年賀状を出せなかったお詫びなどを記載します。


喪中はがきのデザイン

喪中はがきは、デザインに特に決まりがないため、はがきを購入して作成することもできます。郵便局や市販ので喪中用のものが売られています。自由に自作して自宅で印刷して作る事もできますが、 デザインは「シンプル」に、喪中であるという気持ちを表します。
切手は「弔辞用切手」を張り付けて贈るのがマナーとされているようです。郵便局で購入できます。

喪中はがきの内容

はがきの内容には
(1)前文挨拶(時候のご挨拶)喪中のため年賀状を出さないこと
(2)だれがいつ亡くなったか、お世話になったお礼
(3)はがきを出す年月
(4)差出人、住所、氏名などをいれます。


まとめ

喪中には年賀状を出さず、喪中はがきを12月の上旬に届くように出します
基本的には自分にとって2親等までの身内が亡くなった時に出すもの
出す相手は通常年賀状のやり年をしている方
仕事上の関係の人には年賀状を出してもよい
先方が喪中でも出すのは問題ない
喪中はがきを出さなかった方から年賀状を受け取ったら寒中見舞いを出す
はがきは喪中用のものか自分でデザインしてもいいが、「忌中用切手」を使用する

いかがでしたか?知っているようで知らなかった、喪中はがきのマナー、慌てないように準備しておきましょう。

この記事が気に入ったら【いいね!】をお願いします(*'▽')