こんにちは、さんです。

年末が近づくと、今年一年お世話になった方にお礼のお歳暮を贈る時期。デパートの案内なども届くようになりますね。

我が家は毎年いつもお世話になっている方に、ささやかですが、お歳暮を贈っています。

ですが、わが家は今年、身内を亡くしたので喪中にあたります。喪中は一般的にお祝い事にかかわることは避けたほうがいいとされる時期。こういう時はお歳暮を贈っていいのかしら?と疑問を持ちました。

基本的なマナーを知らずに相手の方に失礼があってはいけません。さっそく専門家の情報をリサーチ。あわせて、送り先が喪中だった場合のことや、お中元のことも調べたので、記事にしました。ご参考になれば幸いです。



喪中でもお歳暮やお中元を贈るのは問題ありません

お歳暮やお中元は、日ごろお世話になっている方へのお礼や感謝の意味を表すものでお祝い事ではないとされています。ですから自分自身や相手の方が喪中でも、お歳暮やお中元を贈るのは問題はないことがわかりました。

けれど、贈るタイミングや、熨斗(のし)のことなどいくつか注意することがあります。


自分が喪中の場合


お歳暮やお中元はお世話になっている方への感謝を示すもの。喪中であっても日常のお付き合いは普段と変わらず行っていいのです。

お歳暮は通常12月半ばから12月末までに贈りますが、忌中の場合は控えるのが望ましいでしょう。忌中というのは、仏式では故人が亡くなってから四十九日までのことです。

もし四十九日を待って、お正月を越したならから松の内が明けてから「寒中見舞い」として贈りましょう。
(松の内とは、関東では1月7日まで、関西では1月15日までとされています。)

注意したいのは贈り物に使う熨斗(のし)です。通常に使用する紅白のものは喪中の場合はふさわしくありません。白紙、無地のものを使います。デパートなどで注文の際に伝えれば対応してもらえますよ。







相手が喪中の時の注意

毎年お歳暮を贈っている方から喪中はがきが届いたら?相手先が喪中だとわかった時は、お歳暮を贈らないほうがいいのでしょうか?

あくまで「お歳暮はご挨拶で、祝い事ではない」でしたね。この場合も贈って差し支えありません。基本は自分が喪中の場合と同じです。

ただし、ご不幸から日が経たず落ち着かない時期には失礼になります。少なくとも先方が四十九日を過ぎてから。熨斗(のし)はやはり白紙で無地のものを使います。
もし四十九日を過ぎて、お歳暮の時期が終わってしまう場合は「寒中見舞い」として1月の半ばから立春までに届くように贈りましょう。

気を落としておられることを考慮し、暖かい言葉を添えた手紙を添えれば先方の方にも気持ちが通じ、喜んでいただけるかもしれません。




喪中にお中元を贈っても大丈夫です

お中元もお歳暮と同じ。年の半ば、それまでにお世話になった方へのお礼の気持ちを込めて贈るもの。たとえ喪中でも贈っても大丈夫。ですが、この時も四十九日を過ぎてから。

通常、お中元の時期は、関東では6月下旬から7月半ばまで、関西では7月初旬から8月半ばまで。
もしも四十九日を待って、お中元の時期が過ぎたときは暑中見舞い、立秋過ぎたら残暑見舞いとして贈りましょう。



あわせて知っておきたい、喪中はがきの意味と出す時期のこと

年末といえば、年賀状の準備をする時期ですが、喪中にはお祝い事は避けるという意味で年賀状は出しません。その代わりに喪中はがきをだします。

喪中はがきは何のために送るのでしょう。別名を「年賀欠礼」などといい、身内に不幸があって、喪中なので新年のあいさつはしないということをお知らせするものです。

身内の誰がいつ亡くなったのかということと、新年の年賀状を遠慮しますということを書きます。
出す時期は11月中旬以降、12月初旬には届くように準備します。遅くても12月15日までには届けましょう。


まとめ

喪中のお歳暮、お中元の贈り方についてまとめると、

  • 自分が喪中でもお歳暮を贈るのは問題ありません
  • 四十九日を過ぎてから送りましょう
  • のしは白紙、無地のものを使用します
  • 相手が喪中の場合も同じです。四十九日が明けてから、一言添えて送りましょう
  • お中元も同じ。喪中、初盆でも贈るのは大丈夫
  • お歳暮の準備が終わったら、喪中はがきも忘れずに。11月中旬から遅くても12月半ばには届けましょうね、


    身内が亡くなるということはそうあることではありません。法要なども続き、落ち着かないもの。けれど、そんなときだからこそいつも以上にお世話になることも多くなります。

    基本的なマナーを知って、大切な方へのご挨拶を忘れないように心がけたいですね。

    喪中はがきのマナーの記事も参考にどうぞ

    この記事が気に入ったら【いいね!】をお願いします(*'▽')